過去の投稿

サービス紹介

月次決算レポートサービス
御社の経営に必要な情報が満載です!
社長のビジョンを具体化する経営計画作り
将来のビジョン、しっかり見えていますか?
資金・融資計画の相談と銀行対応
複数にわたる融資の管理、できていますか?
経理事務のIT化支援
業務効率の改善と、数字の見える化を!
書面添付制度による税務申告
金融機関や税務署の信頼が高まります

詳細はこちら

  • 東海税理士会
  • TKC全国会
  • 浜松代行お部屋探し ユアエージェント

お試し決算書アドバイス[無料受付中!]

まずはお気軽にご相談ください。

夜間・土日もOK 電話:053-401-5255

Emailで相談する

事務所案内

加茂隆久税理士事務所
〒430-0807
静岡県浜松市中区佐藤二丁目34番22号

アクセスマップ

税理士プロフィール

名前
加茂隆久
生年月日
昭和48年4月17日 浜松市生まれ
性格
基本的にポジティブ。一度決めたことは粘り強く継続する。
夢・目指す税理士像
企業のホームドクターとして、お客様が困っていることを解決できる、頼られる税理士。
お客様の夢の実現をお手伝いできる税理士。
お客様が発展するための知恵をたくさん蓄積したい。

詳細はこちら

加茂隆久税理士事務所 » » AIと税理士事務所

2017年10月02日
AIと税理士事務所

9月25日付の日経新聞に、「AI時代のサムライ業」という記事が掲載されました。
士業の業務はAIに代替される危機にあり、税理士業務のAIによる代替可能性は92.5%だそうです。

結論から申し上げると、税理士事務所の業務は定型化できるものばかりではなく、記事にある代替可能性は到底現実的ではないと考えています。

税理士の他に代替可能税の高い士業として、行政書士(93.1%)、弁理士(92.1%)、公認会計士(85.9%)などがありました。
逆に低い士業は、中小企業診断士(0.2%)、弁護士(1.4%)です。
何が違うのか、よくよく考えてみたのですが、「業務を定型化できるか否か」に尽きます。

さて、税理士事務所の業務ですが、もし伝票・帳簿の代行作成(記帳代行といいます)しかやっていなければ、AIにとって代わられるのかもしれません。

しかし、現実には「中小企業経営者の相談相手」であることが一番の仕事です。
事業について、場合によっては生活面での相談に乗らせて頂くことも多くあります。そこには個々の事情により千差万別の対応があり、中小企業診断士や弁護士のスタイルと何ら変わりありません。
また、税務上の判断には、個々の実態を考慮して法律等から最適と思われる結論を導き出す高度なものも多くあります。

故に、AIの脅威はあまり感じていません。
ただ、単純な税務会計処理以外の業務、具体的には助言・提案・相談等にこれまで以上に力を入れていかなければいけない、という危機感は強く感じています。

ページの先頭へ